【2022年】仕事で悩んでいる時に読みたい!やる気UPおすすめお仕事小説

こんにちは、れんげです

 

仕事のストレスや不安、溜まっていませんか?

 

同じ毎日に疑問を抱いていませんか?

 

今回は、仕事で悩んでいる時に読みたいモチベーションが上がる小説を集めました。

 

いろんな職業を扱った「お仕事小説」はたくさんありますが、やる気と元気と感動をもたらしてくれる作品だけを厳選しています^^

この記事はこんな方におすすめ

・気持ちが晴れるお仕事小説が読みたい
・仕事で失敗してしまった落ち込んでいる
・今の仕事をこのまま続けてもいいのか悩んでいる

 

「自分の人生における価値観」や日々の仕事に対する考え方や心構えが変わり、

 

明日へのモチベーションになること間違いなし!

 

気になる作品があったらぜひ手に取ってみてください。

 

この記事を書いている私は、
月30冊、年間300冊以上の小説を読み漁っている小説好きのOLです。長い長編ものや読解が難しい純文学、そして慣れない古い日本語が並ぶ時代小説も読めるようになり、読書の幅を日々広げて楽しんでいます。

 

 

小説選びに困っていませんか?

れんげ

これまでにたくさんの小説に触れてきた、私があなたの性格や好み、読書の目的などをもとに、心を込めて小説を選びます♪ 興味がある方は、私の公式LINEをお友達登録してください。登録者限定でお得な割引もあります。
今話題急上昇中の新しい読書スタイル、「選書サービス」を試してもっと読書を好きに!そして、習慣にしましょう!

▼今すぐ小説を選んでもらう▼

 

 

仕事に行き詰まっている時・モヤモヤしている時に読みたいおすすめ小説

諦めきれない夢『下町ロケット』



作家:池井戸潤
出版:小学館文庫

ポイント
経営者になるということ、夢を追いかけるということ、男のロマンが詰まった一冊です。
ロケット打ち上げという夢に向かっていた研究者たち。
失敗の連続の末、とうとう父親の会社を継ぐことを決意するが、それでも夢を諦めないきらない彼らを描いたお仕事物語。経営者として、夢を追う1人の人間として何を優先させるべきか、会社で働くことについて深く考えさせられます。

デパ地下で働くアルバイトの日常『和菓子のアン』



作家:坂木司
出版:光文社文庫

ポイント
将来どうしよう。自分は何がしたいんだろうと迷っている大学生のみなさんや毎日に疑問を抱いている方におすすめです。
高校を卒業した主人公の杏子は、食べるのが好きという理由からデパ地下の和菓子屋「みつ屋」でとりあえずバイトを始めることに。
個性豊かなみつ屋面々と共に仕事にのめり込んでいく杏子のほっこりお仕事小説。やりたいことがなくても、まず踏み込んでみようって気持ちになれます。
働く環境の大切さに気付かされます。

続編も合わせてどうぞ^^


サラリーマンの下克上物語『神様のひと言』



作家:萩原浩
出版:光文社文庫

ポイント
<深刻に考えるより、たまには笑い飛ばすことも大事だということを教えてくれます。気持ちが楽になる! /strong>
彼女に逃げられた主人公、佐倉涼平が転職した先はブラック企業。上司に目をつけられてた涼平は、総務部お客様相談室へと強制異動させられることに。会社という組織を相手に主人公が立ち向かっていく痛快お仕事小説。思い悩んでるサラリーマンにおすすめです。

日本のおもてなし文化が輝く『ずんずん』



作家:山本一力
出版:中公文庫

ポイント
牛乳配達屋さんを取材したいという広告デザイン会社がメインのお話です。
彼らが届けているのは牛乳だけじゃない!常連客のお婆ちゃんの命を救った、ベテラン牛乳配達員の田代と、牛乳配達員たちの仕事に対する姿勢に感銘を受けたデザイナー会社で働く玉枝。日本の「宅配文化」を海外へ伝えようと新たなプロジェクトが動き出します。人(消費者)に対する細かい心遣いの一つ一つが、誰かの心を潤し周りに伝播していく様子が感動的です。
「誰かに届けたい!」という熱い想いでモチベーションも上がるはず!

駅員たちの苦悩と熱意に感動『駅物語』



作家:朱野帰子
出版:講談社文庫

ポイント
仕事への向き合い方、考え方を見直させてくれる一冊です。
機械ではなく人間にしかできない仕事
東京駅に勤め始めた主人公、新人駅員の若菜直から見た東京駅とは。
同期駅員や上司との人間関係、乗客とのトラブル、対応に追われる日々に奮闘していく感動のお仕事物語。予想以上の駅員さんたちの過酷な日常に感謝したくなります。

モチベーションが上がらない人に『プリティが多すぎる』



作家:大崎梢
出版:文春文庫

ポイント
ティーン雑誌編集部のリアルな現場が面白い
念願叶って老舗出版社に入社できた主人公・佳孝だが、3年目の人事異動で”興味のカケラもない”中学生の女の子向け雑誌編集部へと異動することに。好きでもない、モチベーションが上がらない仕事との向き合い方が詳しく描かれています。

転職を迷っている人に『株式会社ネバーラ関東会社』



作家:瀧羽 麻子
出版:幻冬社文庫

ポイント
都会から離れ、時間の流れも何もかも変わる田舎生活を擬似体験!
東京の外資系投資会社でバリバリ働いていた弥生は、失恋をきっかけに退職。都会から離れ、地方の納豆の下請メーカーで働き始める。東京の慌ただしい生活が一変し、温かい人々と過ごすうららかな日常を描いた心温まる物語。
田舎で暮らしたい、都会に疲れている人におすすめの一冊です。

合わせて読みたいおすすめ小説

お仕事で疲れた週末、家でゆっくり過ごしたいという方にはこちらの記事もおすすめです!
カフェ・喫茶店が舞台のおすすめ小説集めました。静かでゆったりしたカフェ気分を小説で味わいませんか?
【胸キュン小説厳選】おすすめ恋愛小説まとめました。ドキドキしたい、疲れた時に読みたい一冊!
【大人の小説】読書酒はいかが?お酒が飲みたくなるおすすめ小説厳選しました。

 

最後に
仕事や上司に疲れていたり、モヤモヤしている時に読むとモチベーションが上がる小説をご紹介してきました。

いかがでしたでしょうか。

仕事の楽しさや目的を再確認できたり、自分のこれからの人生と向き合う機会が訪れたり…
または、頑張りすぎているあなたの肩の力を軽くしてくれたり..
あなたに合ったお気に入りのお仕事小説をぜひ見つけてみてください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です