【2021年】柚木麻子おすすめ小説ランキング!女性読者ファンが多い彼女の魅力に迫ります

本屋大賞や直木賞など、あらゆる文学賞の候補入りを果たしてきた今話題の人気女性作家・柚木麻子さん。
女性を登場人物とする作品が印象的な彼女の心情描写は多くの女性読者の心を揺さぶります。
話題の「アッコちゃん」シリーズを始め、次々と映像化され、さらに高い注目を集め続けている柚木麻子さん。

今回は、彼女の作品の選び方や柚木麻子おすすめ作品をランキング形式で分かりやすくご紹介していきます。
ファンの評価が高いものから代表作品、話題作など厳選された内容になっています。
これまでに多くの作品が出版され、どれから読もうか迷っている方はぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

れんげ

こんにちは、れんげです。
小説が大好きで年間250冊以上の小説を毎日読み漁っています。
新しいものにこだわらず、心に響く良い作品に目がない私が小説をおすすめしていきます。みなさんの本選びに少しでも役に立てると嬉しいです。

読書で身につけた速読術や読書法、ライフスタイルについて記事を書いています。

柚木麻子作品を選ぶポイント

柚木麻子さんの小説を選ぶ時のポイント4つご紹介します。
どういう作品を読みたいのかはっきりしている人や、何から手を付けて良いのか分からない方は参考にしてみて下さい。

選び方ポイント① 映像化された話題作から読んでみる

柚木麻子さんの作品には、メディア化された作品が多くあります。
原作とキャスティングを比べたり、映像化によって物語がより鮮明になり、楽しさも倍増するでしょう。初めての人には特におすすめです。

映画化された作品

2018年 伊藤くんAtoE

れんげ

映画では、岡田将生さんと木村文乃さんがメインキャストとして演じています。
原作のあのクズ男感を実写で見ると、なんだか腹立たしさがさらに倍増。

テレビドラマ化された作品

2015年 ランチのアッコちゃん

2017年 伊藤くんA to E (Netflix)
2021年 ナイルパーチの女子会 (ひかりTVにて配信中)

れんげ

「ナイルパーチの女子会」では、ベテラン女優の水川あさみさんと山田真歩さんの熱演に思わず小説と同じくらい感情移入してしまいました。

選び方ポイント②文学賞受賞作品・ノミネート作品から読んでみる

柚木麻子さんの作品は、これまでに数々の文学賞を受賞、あるいはノミネート作品として選ばれてきました。
受賞作品やノミネート作品、どれも専門家がうなった名作品から選んでみてもいいですね。

2008年 オール讀物新人賞 フォーゲットミー、ノットブル
2014年 直木賞ノミネート 伊藤くんA to
本屋大賞ノミネート ランチのアッコちゃん
直木賞ノミネート 本屋さんのダイアナ
静岡書店大賞 本屋さんのダイアナ
2015年 山本周五郎賞 ナイルパーチの女子会
2016年 高校生直木賞 ナイルパーチの女子会
2017年 直木賞ノミネート BUTTER
2019年 直木賞ノミネート マジカルグランマ

れんげ

「直木賞」「本屋大賞」にノミネートされた作品は、惜しくも受賞を逃したとしても、かなりの注目を集めます!「ランチのアッコちゃん」や「BUTTER」は記憶に新しい話題作です!

選び方ポイント③ 別のカテゴリー作品を選んでみる

これまで多くの作品を世に出してきた柚木麻子さん。
もちろん、長編物だけではなく自身のことを語ったエッセイ集や他の有名作家さんとコラボしたアンソロジー、短編集など、異なったカテゴリーの作品もあります。

柚木麻子さんのことをもっと知りたい!
他の作家さんの作品も一緒に楽しみたい!

という方におすすめです。

エッセイ

名作なんか、こわくない
created by Rinker
若手人気作家を虜にした、古今東西の名作たちを紹介した柚木麻子さん初めてのエッセイ集です。彼女なりに感じた、文学の魅力がギュッと詰まった一冊です。

れんげ

つい本の中に出てくる名作を読んで、柚木麻子さんが語る魅力を確かめたくなります。彼女の日常生活も出てきたりして新鮮です。

アンソロジー

運命の人はどこですか
created by Rinker
注文の多い料理小説集
created by Rinker
異なる作者による作品を一冊にまとめた作品集です。
柚木麻子さんだけでなく、他の作家さんの魅力も少しずつ、そして一度に楽しめます。

選び方ポイント④ 読者おすすめランキングを参考にしてみる

ファンが支持する、知る人ぞ知る作品を読んでみたい方や、色んな作品を読んでお気に入りを見つけたい方にのために、読者の意見を覗いてみるのもおすすめです。

次は柚木麻子さんのおすすめ小説をランキングでご紹介します。

柚木麻子おすすめ小説ランキング

ここからは、柚木麻子さんのおすすめ小説を厳選、ランキング形式にてご紹介します。
実際に読んだレビューや注目ポイントを押さえながらお伝えしていきます。

No.1 本屋さんのダイアナ

本屋さんのダイアナ
created by Rinker
出版:2016年 新潮文庫
ポイント
柚木麻子さんの心情描写が絶妙!女の子から大人の女性へと成長していく二人の深い友情に感動します。
小学校の頃、ある児童書がきっかけで仲良くなる2人の女の子。育った環境、成長していく道は対極的だけど、離れていてもお互いを通して自分自身を認めていく彼女たちはとても美しいです。友情、家族、夢に関する、心揺さぶるセリフがたくさん登場します。

No.2 終点のあの子

終点のあの子
created by Rinker
出版:2012年 文春文庫
ポイント
女子高で育った柚木麻子さんの本領発揮か!女の子たちの複雑な人間関係がリアルに描かれた作品。
思春期を迎える女の子たちの葛藤が鮮やかに描かれています。
男子には理解し難い、女の子同士ならではの“暗く”そして、ほろ苦い思春期時代を思い起こさせてくれる一冊です。

No.3 あまからカルテット

あまからカルテット
created by Rinker
出版:2013年 文春文庫
ポイント
個性が全く違うのに、息ピッタリな女4人の友情が羨ましい
女子高出身の柚木麻子さんの観察眼だからこそ表現できる、女の友情。
お互いを思いやり、助け合い、時には本気で喧嘩し、素直に受け止め、仲直り。
いい歳した大人なのに、友情は学生時代から何も変わらない素直さ無邪気さに魅了されます。ずっと仲良くしている友人がいる方や、深い友情に憧れを抱いてきた方にぜひおすすめしたい一冊です。

No.4 ランチのアッコちゃん

ランチのアッコちゃん
created by Rinker
出版:2015年 双葉文庫
ポイント
アッコちゃんというより“アッコさん”!? 自ら選んだ道を胸張って生きる強い女性に惹かれます。
肩の重荷を、少し軽くしてくれるような、温かいストーリーの数々が収録されています。
人生においてどうしても越えねばならない苦悩と共に、「私だからできる!」と立ち向かう勇気が湧いてきそう。
三時のアッコちゃん
created by Rinker
幹事のアッコちゃん
created by Rinker

No.5 BUTTER

BUTTER
created by Rinker
出版:2020年 新潮文庫
ポイント
首都圏連続不審死事件がモチーフとなった話。次々と登場するお料理にお腹が空いてきます。
殺害容疑で逮捕された梶井真奈子。梶木に操られていく女性記者とその友人が描かれています。
死刑囚を題材とした物語だけあって、精神構造がちょっと理解し難いかもしれません。
ただ、現代を生きる女性が常日頃強いられている生きづらさに焦点が当たっていて読みやすいです。

No.6 ナイルパーチの女子会

ナイルパーチの女子会
created by Rinker
出版:2018年 文春文庫
ポイント
女の友情が生々しく、そして恐ろしいほどに狂っていくところが怖い!
第28回山本周五郎賞&第3回高校生直木賞受賞作品!
商社で働く志村栄利子と主婦ブロガーの丸尾翔子との出会い。
友情とは何なのか、2人が壊れていく様子がとてもリアルに描かれた作品です。

No.7 けむたい後輩

けむたい後輩
created by Rinker
出版:2014年 幻冬舎文庫
ポイント
自分の魅力に気付けない、自身が持てない。女子大生の繊細な心情を、柚木麻子さんが読み解きます。
真面目な後輩、「真美子」は金持ちで男にのめり込む「栞子」に憧れを抱いている。最初は優越感に満たされていた栞子は、やがて苛立ちを抱くようになっていきます。女子大生ならではの悩み、プライドや劣等感など、女性の読者なら共感せずにはいられない突き刺さるストーリーです。

No.8 王妃の帰還

王妃の帰還
created by Rinker
出版:2015年 実業之日本文庫
ポイント
クラスの中での自分の立ち位置が全てだった時代。中学女子ならではの悩みを描いた成長物語。
舞台は私立女子中学校。ある事件がきっかけでクラスカーストトップにいたお姫様が降ろされることに。元王妃の滝沢さんは平和なグループに受け入れられるも、グループの調和を乱していく。女性読者におすすめの柚木麻子さんが織りなす、ガールズ小説です。

No.9 嘆きの美女

嘆きの美女
created by Rinker
出版:2014年 朝日文庫
ポイント
もはやファンタジー!? こんな世界あってもいいかもと思ってしまい、一気読み!
引きこもりで、ネットに悪口ばかり書いて生活している主人公、耶居子があるHPをきっかけに美人しかいない豪邸で彼女たちと同居することに
耶居子の成長を見守りながら、異世界感に楽しさを感じます。

No.10 その手をにぎりたい

その手をにぎりたい
created by Rinker
出版:2017年 小学館文庫
ポイント
鮮明なお寿司の描写が素敵。お寿司を食べたくなります。
バブル時代、高級寿司屋に出向いた青子がカウンターで手渡される高級寿司に恋をする。お寿司を食べようと通い詰める彼女は次第に、寿司職人にも想いを寄せ始めるが….バブル期要素がとても多く、バブル世代の方におススメの作品です。

No.11 伊藤くんA to E

伊藤くん A to E
created by Rinker
出版:2016年 幻冬舎文庫
ポイント
ダメ男ってなんでモテるんだろう…。ダメ男をめぐる女性たちのあらゆる心理が面白い!
映画・ドラマ化された作品で話題となりました。
ルックスはいいけど、ナルシストで無神経な伊藤くんは、女性からはモテるくせに同性からの人望がなく何も決断できないダメ男。そんな男をめぐる5人の女性に注目した連作短編集です。
傷ついても立ち上がる女性たちに共感する女性の声も多いです。

No.12 ねじまきの片思い

ねじまきの片思い
created by Rinker
出版:2019年 創元推理
ポイント
おもちゃを駆使した純度100%の片思いに、思わず主人公を応援したくなってしまいます。
老舗おもちゃ会社でプランナーとして働く富田宝子は、取引先のデザイナー西島に想いを寄せ続けます。果たして西島に想いを伝えるチャンスはやってくるのかー。
宝子の恋の成長を描いた作品です。

No.13 マジカルグランマ

マジカルグランマ
created by Rinker
出版:2019年 単行本
ポイント
主人公のおばあちゃんの生き様に惹かれます!
年齢を思わせない日本のおばあちゃんに圧倒。
75歳で女優再デビューを果たしたが、夫の死によって正子の生活は一変してしまう。
育児も夫の世話からも解放されたおばあちゃんが、いろんな事情を抱えた仲間と出会い、諦めずに突き進んでいく様子を見ていると元気をもらえる気がします。

No.14 私にふさわしいホテル

私にふさわしいホテル
created by Rinker
出版:2015年 新潮文庫
ポイント
出版業界のことがよくわかる!新人女性作家の野心あふれる成長物語
文学新人賞を受賞した主人公の加代子は、作家デビューを夢みるものの、同時受賞者にすべての注目をとられてしまう。それでも奮闘する加代子はどのように伸し上がっていくのか。読み応え抜群で、爽快感が残る作品です。
何かを熱心に頑張っている人、認められたい人におすすめです。

No.15 奥様はクレイジーフルーツ

奥様はクレイジーフルーツ
created by Rinker
出版:2019年 文春文庫
ポイント
夫婦になった後の心と身体のバランスを保っていく難しさが分かります。
パートナーがいる方もいない方でも興味深い内容です。
セックスレスな夫婦のお話が12編収録された、連作短編集です。
どれもすべて女性目線。共感される女性読者も数多くいます。

No.16 さらさら流る

さらさら流る
created by Rinker
出版:2020年 双葉文庫
ポイント
好きな人に嫌われたくなくて、必死だったあの頃を思い出す。
かつての恋人・光晴が撮影した自分の裸の写真を偶然ネットで見つけてしまった、菫。
光晴と過ごした日々を思い起こしながら、あの頃の自分自身を振り返っていく物語。ひとりの女性の葛藤と成長を描いた、感動物語です。

No.17 早稲女、女、男

早稲女、女、男
created by Rinker
出版:2015年 祥伝社文庫
ポイント
早稲女ならではの悩み、他大生女子との比較やサークルの雰囲気に納得!青春を懐かしむ一冊。
自意識過剰で不器用で面倒くさい、主人公の香夏子。
彼女のまわりにいる、友人たちや他校の先輩やダメ男の話は読んでいるだけで癒されスッキリします。早稲田大学を経験された方や知らない方でも気楽に楽しめる作品です。

No.18 名作なんかこわくない

名作なんか、こわくない
created by Rinker
出版:2021年 PHP文芸文庫
ポイント
日本・世界の名作たちを柚木麻子さん直々紹介している、エッセイ。
名前は知っているけど読んだことないもの、聞いたことのない名作などたくさん出てきます。柚木麻子さんらしい、女性(ヒロイン)に焦点が向けられた感想文が添えられています。
柚木さんの幼い頃の様子や考え方なども垣間見え、小説の柚木さんとはまた違った雰囲気を味わえます。

No.19 踊る彼女のシルエット(単行本:デートクレンジング)

踊る彼女のシルエット
created by Rinker
出版:2021年 双葉文庫
ポイント
アイドルオタクの心情描写とは…。アイドルの気持ち、応援する側の気持ちが丁寧に表現されています。

焦るように婚活を始めた35歳の親友に、戸惑ってしまう主人公。
いくら仲良しだった友人でも、気持ちが合わないとき、環境の変化に合わせちょっとずつ疎遠になってしまう友情が描かれています。ドロドロ感がだんだんと晴れていき登場人物が前向きになっていく様子がとても爽快です。

No.20 注文の多い料理小説集

注文の多い料理小説集
created by Rinker
出版:2020年 文春文庫
ポイント
7人の名作家たちによる「料理」をテーマにした小説集
7つの美味しい物語がある中、鮨を扱った「エルゴと不倫鮨」が柚木麻子さんの作品です。
どの短編にも様々なお料理が登場し、物語の雰囲気や背景を存分に味わえる贅沢感。
普段読まない作家さんに出会える貴重な機会になるでしょう。

その他おすすめ作家

あらゆる女性の心情描写に優れた柚木麻子作品が好きな方は、こちらの作家さんの作品も読んでみてはいかがでしょうか。
是非、こちらの記事も覗いてみて下さい。

まとめ

柚木麻子さんのおすすめ小説をご紹介してきましたが、いかがでしたか。
柚木麻子さんの作品は、読書に慣れていない方でも読みやすい文章、構成のものがたくさんあります。
さらに、女性の心理描写を得意とする彼女の作品には、共感する女性読者の方も多いです。

このランキングを参考に、まだ読んでいない作品や気になる作品を見つけましたら手に取ってみて下さい。
本日も最後までありがとうございます♪
それでは、今日も素敵な読書時間をお過ごしください🌸

れんげ

れんげ

あなたがきっと読みたい、あなただけにぴったりの一冊を見つけます!
選書人の私が、小説をお選びする【れんげ選書】サービスをしております。
これまでにない新しい読書を体験してみませんか?
興味がある方は是非お試し下さい♪
詳細は下のボタンから🐰

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です