【元気が出る小説】気分が上がらない時に読みたいおすすめ小説ランキング!

元気になる本

れんげ

こんにちは、れんげです。
小説が大好きで年間250冊以上の小説を毎日読み漁っています。
新しいものにこだわらず、心に響く良い作品に目がない私が小説をおすすめしていきます。みなさんの本選びに少しでも役に立てると嬉しいです。

読書で身につけた速読術や読書法、ライフスタイルについて記事を書いています。

最近、仕事や学校での人付き合いに疲れてしまって…落ち込んだりイライラすることが多いの。
そんな時に元気を分けてくれるような小説を読みたい。

うさこ

今回は、元気が出る・ポジティブになれる小説を集めました。

現実から離れて、気持ちを穏やかにリラックスさせてみるのはいかがでしょうか^^
もしかしたら、新しいアイディア・モチベーションに繋がるかもしれません。

それではご紹介していきます。

8.  カラフル 森絵都

出版社:文春文庫
発売年:2007年

おすすめ度
(4.5)

第46回産経児童出版文化賞受賞作品!!

最初の一行目からぶッ飛んでる世界。

テーマは”少年の更生”ですが、設定やら登場人物やら色々現実離れしていて一気読み間違いなしの一冊です。

こんなことあったら面白そうっていう単純な設定なんだけど、現実そんなに上手くいかないよねえ
って、いろいろ考えさせられます。

自分だったらどうするんだろう。
とか
共感したり、納得したり、大事なことに気づかされたり….

当たり前なこと..分かっているのに、忘れてしまっていることって誰しもありますよね。

心に響く名言の数々がこの本の中にあります。

自分の悩みがちっぽけなものに思えてくる、元気をもらえる一冊でした。(*´ω`)

あらすじ
生前の罪により、輪廻のサイクルから外されたぼくの魂。だが天使業界の抽選にあたり、再挑戦のチャンスを得た。自殺を図った少年、真の体にホームステイし、自分の罪を思い出さなければならないのだ。真として過ごすうち、ぼくは人の欠点や美点が見えてくるようになるのだが…。不朽の名作ついに登場。 (Amazonより)
カラフル (文春文庫) 森絵都
created by Rinker

詳しいレビュー(ネタバレ有り)も書いています^^
【感想】森絵都「カラフル」を読みました。もし、もう一度人生をやり直せるとしたら。

7.  太陽のパスタ、豆のスープ 宮下奈都


出版社:集英社文庫
発売年:2010年

おすすめ度
(4.0)

主人公より周りの人々がとにかく素敵で、輝いています。

主人公の明日羽に共感する読者さん、多いのではないでしょうか?
やりたいことが見つからない、
失恋して何もかもやる気が出ない、
自分に自信がない、
毎日がつまらない..

私もこの本を読んでる途中、痛いとこをつつかれては共感し元気づけられました。
自分をもっともっと可愛がってあげる、甘やかしてあげること、大切です。

私のための、私だけの私磨き。
周りに振り回されないで私らしく生きたい。

そう思えるような一冊です。

あらすじ
結婚式直前に突然婚約を解消されてしまった明日羽。失意のどん底にいる彼女に、叔母のロッカさんが提案したのは“ドリフターズ(やりたいこと)・リスト”の作成だった。自分はこれまで悔いなく過ごしてきたか。相手の意見やその場の空気に流されていなかっただろうか。自分の心を見つめ直すことで明日羽は少しずつ成長してゆく。自らの気持ちに正直に生きたいと願う全ての人々におくる感動の物語。 (Amazon)
太陽のパスタ、豆のスープ (集英社文庫) 宮下奈都
created by Rinker
詳しいレビュー(ネタバレ有り)も書いています^^
【感想】宮下奈都「太陽のパスタ、豆のスープ」読みました。個性が強い!

6.  まぼろしのパン 松宮宏


出版社:幻冬舎文庫
発売年:2015年

おすすめ度
(4.0)

「あなたの幸せってなんですか?」

そう問いかけてくるお話。
食べ物が軸となった短編物語3話収録されています。

職業も収入も全く異なる主人公たちが、それぞれの自分の生きる意味を問うています。
パンがメインというよりは、“人間くささ”がテーマですね(=゚ω゚)

あらすじ
朝から妻に小言を言われ、満員電車の席とり合戦に力を使い果たす高橋は、どこにでもいるサラリーマン。しかし会社の開発事業が頓挫して責任者が左遷され、ところてん式に出世。何が議題かもわからない会議に出席する日々が始まった。そんなある日、見知らぬ老女にパンをもらったことから人生が動き出し…。他、神戸の焼肉、姫路おでんなど食べ物をめぐる、ちょっと不思議な物語三篇。
まぼろしのパン屋 (徳間文庫)
created by Rinker

5.  森崎書店の日々 八木沢里志


出版社:小学館文庫
発売年:2015年

おすすめ度
(4.0)

「第三回ちよだ文学賞」大賞受賞作品!

古本屋さんが立ち並ぶ、神保町が舞台のお話。

時が止まったかのような、ゆったりした雰囲気に癒され、
もうちょっとだけ頑張ってみよう!と元気づけられます。

何より、もっと本を読んでみようという気になるかもしれません。^^

本に全く興味がない主人公が、古本屋で働きはじめ本を通じて色んな人と出会っていきます。
恋人と別れ、職場での居場所もなくなってしまった彼女の素敵な回復物語です。

あらすじ
貴子は交際して一年の英明から、突然、他の女性と結婚すると告げられ、失意のどん底に陥る。職場恋愛であったために、会社も辞めることに。恋人と仕事を一遍に失った貴子のところに、本の街・神保町で、古書店を経営する叔父のサトルから電話が入る。飄々とした叔父を苦手としていた貴子だったが、「店に住み込んで、仕事を手伝って欲しい」という申し出に、自然、足は神保町に向いていた。古書店街を舞台に、一人の女性の成長をユーモラスかつペーソス溢れる筆致で描く。書き下ろし続編小説「桃子さんの帰還」も収録。 (Amazon)
森崎書店の日々 (小学館文庫) 八木沢里志
created by Rinker
続・森崎書店の日々 (小学館文庫)
created by Rinker

詳しいレビュー(ネタバレ有り)も書いています^^
【感想】八木沢里志「森崎書店の日々」を読みました。古本屋に行ってみたい

4. 本日は、お日柄もよく 原田マハ


出版社:徳間文庫
発売年:2013年

おすすめ度
(4.5)

やりたいことは、いつ始めたって大丈夫!
大事なのは、熱意と努力と自信をもつこと!

そう思わせてくれる一冊。

ある人との出会いが主人公・こと葉の心に火をつけます。
今までの長年勤めていた会社を辞め、一からのスタートにも関わらず、新たな第一歩を踏み出そうとする彼女をみていると
元気が湧いてきます。

あらすじ
OL二ノ宮こと葉は、想いをよせていた幼なじみ厚志の結婚式に最悪の気分で出席していた。ところがその結婚式で涙が溢れるほど感動する衝撃的なスピーチに出会う。それは伝説のスピーチライター久遠久美の祝辞だった。空気を一変させる言葉に魅せられてしまったこと葉はすぐに弟子入り。久美の教えを受け、「政権交代」を叫ぶ野党のスピーチライターに抜擢された!目頭が熱くなるお仕事小説。 (Amazon)
本日は、お日柄もよく (徳間文庫) 原田マハ
created by Rinker

詳しいレビュー(ネタバレ有り)も書いています^^
【感想】原田マハ「本日は、お日柄も良く」を読みました。憧れる、働く女性!これは読むべき

3. 弁当屋さんのおもてなし 喜多みどり


出版社:角川文庫
発売年:2012年

おすすめ度
(5.0)

会社にも恋人にも振り回され、北海道へ転勤を余儀なくされた主人公、千春の新しい出会い。
果たして恋の相手は愛情たっぷりのお弁当か、それともお弁当屋で働くイケメン男子なのか…
美味しい料理の数々と、温かい北海道の人たちの心に触れ元気を取り戻していく千春。

お弁当屋さんで働く彼らの仕事(料理)に対する情熱・想いの深さに感銘を受けます。
こんな仕事の仕方っていいな。って元気をもらいます。

人が心を込めて作ったごはんってどうしてあんなに美味しく感じるんだろう。
実家に出てくるお母さんの手料理、学生の頃によく持たせてくれたお弁当が懐かしくなりました。

あらすじ
「あなたの食べたいもの、なんでもお作りします」恋人に二股をかけられ、傷心状態のまま北海道・札幌市へ転勤したOLの千春。
仕事帰りに彼女はふと、路地裏にひっそり佇む『くま弁』へ立ち寄る。
そこで内なる願いを叶える「魔法のお弁当」の作り手・ユウと出会った千春は、凍った心が解けていくのを感じて―?おせっかい焼きの店員さんが、本当に食べたいものを教えてくれる。おなかも心もいっぱいな、北のお弁当ものがたり! (Amazon)
弁当屋さんのおもてなし ほかほかごはんと北海鮭かま (角川文庫)
created by Rinker

こちらシリーズ7作品あります!

2. ひなた弁当 山本甲士


出版社:小学館文庫
発売年:2017年

おすすめ度
(4.5)

共感してしまう方、多いはず!

会社からリストラされ、家にも居場所がない、気弱なお父さんが主人公です。

会社に毎日通い、人生の目標、叶えたい夢、働く意味が見いだせない。
このままずっとこの先も同じ生活を続けなければいけないのだろうかーーーー。

悩んでいる方、不安な方に、
老若男女問わず、是非読んで欲しい一冊です。

あらすじ
人員削減を行うことになった勤務先で、五十歳目前の芦溝良郎は、上司に騙され出向を受け入れる。紹介先の人材派遣会社では名前を登録されただけで、きつい仕事ばかりを紹介され長続きしない。家族からはこれまで通りにしてくれと言われ、スーツ姿で朝から出ていく。やがて心の病を自ら疑うようになった頃、以前の派遣社員の新たな姿に励まされ、公園で見かけたのがドングリだった。そこでの思いつきが、良郎の運命を大きく変えていく…。追いつめられた末に、本人も気づかなかった潜在能力を発揮し始め、逞しく変貌していく主人公を描いた感動の長編小説! (Amazonより)
ひなた弁当 (小学館文庫)
created by Rinker

1. 今日のハチミツ、あしたの私 寺地はるな


出版社:ハルキ文庫
発売年:2017年

おすすめ度
(4.0)

ラストはスッキリ、そして元気をもらえます!

何もかも捨てて、一から始める怖さと不安。
それでもちゃんと見ている人がいて、助けてくれる人もいる。

ここまでこれたのは、運でも奇跡でもないよ。
あなたがちゃんと、行動して勝ち取ったものなんだよ。

元気をもらえる超おススメの一冊です。

あらすじ
蜂蜜をもうひと匙足せば、あなたの明日は今日より良くなる―。「明日なんて来なければいい」と思っていた中学生のころ、碧は見知らぬ女の人から小さな蜂蜜の瓶をもらった。それから十六年、三十歳になった碧は恋人の故郷で蜂蜜園の手伝いを始めることに。頼りない恋人の安西、養蜂家の黒江とその娘の朝花、スナックのママをしているあざみさん…さまざまな人と出会う、かけがえのない日々。心ふるえる長篇小説。 (Amazonより)
今日のハチミツ、あしたの私 (ハルキ文庫)
created by Rinker

まとめ

いかがでしたでしょうか。

会社やプライべートで嫌なことや悩みがあったり、ポジティブになりたいときに、

人付き合いにストレスを感じているとき

小説を読むことで元気づけられることがあります。

れんげ

あなたがきっと気に入る、お気に入りの一冊を見つけます!
選書人の私が、小説をお選びする【れんげ選書】サービスをしております。
興味がある方は是非お試し下さい♪
詳細は下のボタンから🐰

最後までありがとうございました♪
それでは、今日も素敵な読書時間をお過ごしください🌸

れんげ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です