【小説おすすめ・国内】驚愕のラスト!どんでん返しがスゴイおすすめ小説をまとめました。

こんにちは、れんげです。
今話題の….
どんでん返しがスゴイ小説、おすすめを厳選しました!( ^ω^ )
悲劇、ハッピーエンドと様々ですが、どれも一気読みしたくなるほど面白い作品です!
どんでん返しといえば….「うわーやられた〜!」っていうビックリな結末が楽しいですよね♪
ぜひ、どんでん返しな展開に身構えずに、楽しんでいただければと思います。

れんげ


こんにちは、れんげです。
小説大好きOL。年間250冊以上の小説を読んでいます。
新しいものにこだわない読書スタイルで、日々読書を楽しんでいます。
このブログでは、読書好きの私がおすすめする小説をご紹介しています。
みなさんの読書習慣、または本選びに少しでも役に立てると嬉しいです。

この記事はこんな人におすすめ

・どんでん返しな結末が待ち受けている小説が読みたい
・残酷シーンや怖い殺人シーンが苦手な方
・なるべく難解ではなく、読みやすいものがいい

れんげ


今回は国内作家さんの作品に限定して紹介するよ!

どんでん返しが凄いおすすめ小説

切なく温かいどんでん返し『アヒルと鴨のコインロッカー』



作家:伊坂幸太郎
出版:創元推理文庫

ポイント
動物虐待シーンが少し含まれていますので、苦手な方はご注意を。伏線回収と忙しいストーリー展開に目がそらせない!
引っ越し先のアパートで謎の青年に「本屋を襲わないか」と誘われ、その馬鹿げた計画に本当に乗ってしまう主人公。さらに彼のターゲットとは、広辞苑一冊だった!?過去と現在を交互に、彼の本当の狙いと真相に迫ります。
伊坂幸太郎さんらしい、ユーモアあふれる登場人物と怒涛の伏線回収を存分に楽しめる一冊です。

イヤミス女王によるどんでん返し『リバース』



作家:湊かなえ
出版:講談社文庫

ポイント
目立たずに生きてきた平凡な主人公に感情移入させた途端に突き落とされる。
事務機会社で働くサラリーマンの深瀬は、ある日コーヒー豆専門店で出会い付き合った彼女のもとに「深瀬和久は人殺しだ」という告発文が届いた。同時に深瀬の大学時代のゼミ仲間にも…。
過去の”あの件”を誰かが蒸し返そうとしているのか… 後味の悪さがまるで苦いコーヒーのような一冊です。

最後まで続く緊迫感『むかし僕が死んだ家』



作家:東野圭吾
出版:講談社文庫

ポイント
冒険心と推理欲が掻き立てられるハラハラドキドキの一冊。
昔の記憶が全くないという元恋人の記憶を取り戻すため、主人公と彼女が山の中に佇む”幻の家”と呼ばれる場所にヒントを探しにいく物語。異国調の白い家で見つかる様々なヒント(伏線)によって、その全貌が明らかになっていきます。張り詰めた空気の中で、目の前に何が出てくるかわからないドキドキ感と主人公の冒険心が楽しめます!

下巻で一気に伏線回収『スロウハイツの神様』



作家:辻村深月
出版:講談社文庫

ポイント
独特な感性を持つクリエイターたちの普段の生活が気になる!
脚本家・赤羽環と才能ある芸術家の卵たちが暮らすスロウハイツ。人気小説家チヨダ・コーキが加わり計7人での共同生活がはじまる。作品作りに没頭し、互いを評価し、夢を語り合ってきた彼らの生活が、ある人物の入居によって少しずつ変化していくお話。
クセが強いけど繊細で真っ直ぐな登場人物たち。悪者がいなくて、みんなを応援したくなります。

下巻はこちら

怒涛の伏線回収の末、涙する『名も無き世界のエンドロール』



作家:行成薫
出版:集英社文庫

ポイント
「一日あれば、世界が変わる」
まだ終わらないコロナ下で、考えさせられる物語。
ドッキリが好きな幼馴染のマコトといつも驚かされる主人公は腐れ縁の仲。大人になったマコトが、主人公を巻き込んである女性に史上最大のドッキリ「プロポーズ大作戦」を挑む物語です。途中まで微笑ましくて温かいのに..ラストでまさかのどんでん返しに

青春小説と見せかけた傑作ミステリー『イニシエーション・ラブ』



作家:乾くるみ
出版:文春文庫

ポイント
爽やかな青春と思いきや…2度読み必至のミステリーです。
舞台は、まだバブルにわいている1980年代後半。人数埋め合わせで行った合コンで、僕とマユは出会う。
奥手で真面目な僕らは、やがて恋に落ちる… 甘さとほろ苦さを纏った青春を描いたミステリ。
最後の最後でひっくりがえります。

著者の天才的物語構成に感服『レベル7』



作家:宮部みゆき
出版:新潮文庫

ポイント
サスペンス味が濃い作品。先が気になって気になって仕方ない大長編なので、寝る前の読書は避けることをお勧めします。
記憶喪失した2人の男女と謎の言葉を残して失踪してしまった女子高生の謎。
そして彼らの腕に浮かび上がった「Level7」の文字。徐々に繋がっていく2つの謎と凶悪な殺人事件の影…。緊迫の四日間を描いた物語。
二転三転しながら進む物語と伏線の数々に引き込まれます。

スリルと伏線回収が満点『カラスの親指』



作家:道尾秀介
出版:講談社文庫

ポイント
最後にありがとうと言いたくなるような「どんでん返し」
人生に敗れ、詐欺を生業として生きる中年二人組と1人の少女、そして一匹が共同生活を始める。
過去に苦しめられ続ける各々が、逆襲のため、己の人生をかけ大計画を企てる驚愕のどんでん返しと感動の物語。闇金の実態など重いテーマだけど読みやすい作品です!

ラストのオチで一気に落とす。『私たちが星座を盗んだ理由』



作家:北山猛邦
出版:講談社文庫

ポイント
イヤミス展開が好きな方におすすめ!
難病の女の子を喜ばせたい。
星座を一つ消してみせる男の子(表題作)。好きな人に振り向いてもらおうとおまじないを試す女子高生。など、ファンタジー+どんでん返しを持つ5つの物語が収録された短篇集。切なくて、悲しい。…イヤミス系のお話が多い一冊です^^

合わせて読みたいおすすめ記事

予想できないラストが待ちうけている作品が好きな方に、おすすめなのがミステリ小説!
こちらの記事も一緒にお楽しみください♪

【読みやすい】疲れない!怖くない!リラックスして読めるおすすめミステリー小説をまとめました。

 

最後に
今回は、おすすめ「どんでん返しが凄い小説」をご紹介させていただきました。
予想がつかないサプライズな結末をお楽しみください^^

どうぞ参考にしていただけたら幸いです。

最後までありがとうございました♪
それでは、今日も素敵な読書時間をお過ごしください🌸

れんげ

れんげ


あなたがきっと読みたい、あなただけにぴったりの一冊を見つけます!
選書人の私が、小説をお選びする【れんげ選書】サービスをしております。
これまでにない新しい読書を体験してみませんか?
興味がある方は是非お試し下さい♪
詳細は下のボタンから🐰

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です