【この冬おすすめ】寒い日にゆっくり読みたい心が温まるおすすめ小説をご紹介します。

こんにちは!れんげです🐰

今回は冬に読みたいおすすめ小説をご紹介します。

「冬」から連想するイメージは人によって違いますよね…

 

暖かい部屋でぬくぬくあたたまりたい…

外に出て冬らしい景色を堪能したい…

人肌寂しい….

 

そんな、あらゆる「冬」を楽しめる作品を集めてみました。
人気の話題作からあまり知られていない掘り出し作品までございます!

是非、お楽しみください^^

れんげ

こんにちは、れんげです。
小説が大好きのアラサーOLです!年間読書数250冊以上。
新しいものにこだわない読書スタイルで、『何度も読み返したい作品』との出会いを追い求めて、日々読書を楽しんでいます。
このブログでは、読書好きの私がおすすめする小説をご紹介しています。
みなさんの読書習慣、または本選びに少しでも役に立てると嬉しいです。

冬に読みたいおすすめ小説

クレオパトラの夢


著者: 恩田陸
出版社: 双葉文庫

ポイント
北国で繰り広げられる、だましだまされの頭脳ゲームミステリー
クセの強い主人公と共にひっかかりながら、最後まで解けない謎に大興奮

恩田陸さんの名作「MAZE」の神原恵弥シリーズ続編です。
雪国の景色や、積雪が醸し出すミステリーの匂いがたまらない作品!
極秘捜査を進めながら、恵弥の双子の妹を不倫相手から連れ戻したいのだが、駆け引きや人々の思惑に振り回され、ますます穴にはまっていきます。

恩田陸さんを読んだことがある方は共感してくださるかもしれませんが、彼女の想像力・描写力は凄まじい!寒い冬に暖かい部屋の中で読みたい作品です。

季節風 冬


著者:重松清
出版社: 文春文庫

ポイント
誰にも起こりうる素敵な日常を季節ごとに描いた重松清さん「季節風」シリーズの「冬」物語
寒い冬の日に、心の芯まで温めてくれます。

冬を背景にした12編もの物語が収録された、まさに「冬」に読むべき一冊!
両親・恋人・友人・子供… 冬の中のイベントたちそれぞれの色を楽しめる物語は、
懐かしさを感じ、感動し、そして心がほっとするものばかり。

読者それぞれの思い出に想いを馳せながらゆっくりと楽しめるのではないかな^^
おすすめは「じゅんちゃんの北斗七星」

星降りプラネタリウム


著者:美奈川護
出版社: 角川文庫

ポイント
綺麗な冬の星を眺めてみませんか?
プラネタリウムで働く人たちを描いた、胸が熱くなるお仕事小説

思わず星を見上げたくなる、感動長編物語です。
プラネタリウムというお仕事に一生懸命取り組む主人公たちの様子や、故郷を守りたい、大事なものを守りたい!という地域開発が関連したストーリー展開。

なんといっても、ラストシーンの極寒の中で行われるリアルプラネタリウム体験が素敵すぎる!
綺麗な冬の夜空が好きな人に是非読んでもらいたい作品です。

ネバーランド


著者:  恩田陸
出版社: 集英社文庫

ポイント
シリアスなストーリー展開に思わず息をのむ。
冬休み中、年末年始の男子高校生たちを描いた、青春ホラーミステリー!

恩田陸さんらしい、ブラックなミステリーが楽しめる作品です。
どこにでもいるような男子高校生たちの心の中は、実は恐怖と孤独でいっぱいだった。
彼らの秘密が一人一人明らかになるごとに、驚きと切なさが胸いっぱいに広がります。

冬の季節、ふと考え事をしたい時に読みたくなる、恩田陸イチオシ作品です。

雪の香り


著者: 塩田 武士
出版社: 文春文庫

ポイント
季節ごとの情景描写が美しい!
京都が舞台の純愛物語

学生時代、冬の日に出会った恋人の雪乃が姿を消してしまう。

警察に秘密で操作をしていく新聞記者の主人公が真相を探っていく純愛ミステリー作品です。
京都の四季と共に思い出される若き日の思い出と現在の対照的な描写が印象的。
男性目線で描かれた、ロマンチックな恋愛ものです。

ナミヤ雑貨店の奇跡


著者:  東野圭吾
出版社: 角川文庫

ポイント
寒い季節だからこそ読みたい、心が温まる感動長編!
人と人との気持ちの繋がりを感じる作品

冬の季節のお話ではありませんが、冬の寂しさを温かさに変えてしまう力がある物語なのです。
ある泥棒少年3人組が忍び込んだ廃屋は、昔店主が悩み相談を承っていた雑貨店でした。
廃業しているはずなのに、店内に突然落ちてきた悩み相談のお手紙の数々を巡り奇跡の物語が始まっていくのです。
すべての謎が解けた後のスッキリ感と共に押し寄せる感動がとても心地良い(о´∀`о)

冷たい校舎の時は止まる


著者:  辻村深月
出版社: 講談社文庫

ポイント
雪がふり続ける冬の季節に、高校生たちが恐怖を体験する
青春ホラーミステリー小説

いつも通りに登校したはずの8人の高校生が、学校に閉じ込められてしまう。
そんな中、2ヶ月前に自殺したある同級生のことを思い出すが、名前と顔が思い出せない!

彼らを待ち受ける恐怖の数々にあなたは耐えられますか?
上・下巻とあります。猛スピードで読み進めてしまう驚異的な一冊。
冬休み中、もしくはお休みの日に没頭して読みたい作品です。

下巻はこちらです。

幸福な食卓

 
著者: 瀬尾まいこ
出版社: 講談社文庫

ポイント
切なさの分だけ家族は確かに繋がっていく。
家族に感謝したくなる、感動小説

ちょっとヘンな佐和子ちゃんの家族。

いつも自由でばらばらなのに、必要なときはしっかりそばにいてくれる温かく強い絆を感じる作品。
季節と共にストーリーはすぎていきますが、一番はやはり冬の季節のラストシーン。
悲しみの中に、希望の光も注がれてとても爽やかな読了感♪
最大の感動があなたを待ち受けています。

雪だるまの雪子ちゃん

 
著者:  江國香織
出版社: 新潮文庫

ポイント
忘れていた純真な気持ちが蘇る!
現実から離れたい、疲れた心を癒したいという方におすすめ

冬の日、空から降ってきた雪子ちゃんは、トランプやバターが好きな野生の雪だるま
画家である百合さんの物置小屋に住み付き、冬の毎日を自由気ままに楽しく過ごすのです。
ファンタジーではありますが、雪子ちゃんが本当に存在しているような生活感も描写されているところは江國さんらしいです。
山本容子さんの素敵な挿絵も、冬を感じさせます。

冬に読みたい! ウィンタースポーツがテーマのおすすめ小説

寒さも吹き飛ぶ、熱血スポ根は冬の季節も健在!
寒い冬に熱くなれるウィンタースポーツがテーマの小説を紹介します。

箱根駅伝: 風が強くふいている

 


著者: 三浦しをん
出版社: 新潮文庫

ポイント
冬の季節に必ず読みたくなる、最強のスポ根青春物語

箱根駅伝を走りたい!陸上部キャプテン、灰二のもくろみで反強制的に入部させられた天才ランナーの走が出会う。

個性豊かな仲間たちと共に、長距離選手たちの夢である箱根駅伝を目指します。
駅伝未経験者揃いの面々が成長していく様子が何とも熱く、爽やか。

お正月のビッグイベントの一つである箱根駅伝開催前に是非お楽しみください♪

スノーボード : 白銀ジャック


著者: 東野圭吾
出版社: 実業之日本社文庫

ポイント
雪山を爽やかに駆け巡る痛快サスペンス。
スキー&スノーボードで、一挙に冬を満喫できちゃいます!

ゲレンデの下に爆弾が埋まっているーー。
あるスキー場に脅迫状が届きます。営業停止を何としてでも避けたい経営陣とそれを嘲笑うかのように続く、犯人の脅迫。

すべての謎が解けるとき、命を賭けた緊迫のレースが幕を開けます。

スピードとスリルを味わえる、ウィンタースポーツ好きにはたまらなく面白い作品です。

東野圭吾さんのウィンタースポーツ作品、まだまだあります。
「白銀ジャック」関連作品はこちらの2作品

雪山に隠された細菌兵器を探し出せ!
写真だけを手がかりに盗まれた危険兵器の謎に迫る研究員と雪山パトロールたち。
里沢温泉スキー場で繰り広げられる長編ミステリ

殺人の容疑をかけられたある大学生。
彼の無実を唯一証明できる美人スノーボーダーを見つけ出せ!

「疾風ロンド」「白銀ジャック」とリンクする人物が登場しさらに面白いです

その他、東野圭吾さんのウィンタースポーツ作品

スキー : カッコウの卵は誰のもの

ポイント
読み応え抜群!
スキーヤーの父娘の繋がりと感動の物語

トップスキーヤーである緋田宏昌は、妻の死をきっかけに娘と血が繋がっていなかったことを知る。
スキーの才能をもった娘の大会出場を妨害する者はいったい誰なのか。
才能を持った父娘、夢を無くした父と息子… 親子間の愛を考えさせられる、哀しい物語です。

スキージャンプ : 鳥人計画

ポイント
犯人が事件を推理?
今回は「鳥人」=スキージャンプがテーマのミステリ。

日本ジャンプ界のエースが殺された!
自ら名乗り出た犯人が事件を推理、密告者を探し出す爽快スポーツミステリ
まさかの犯人視点で描かれるミステリが面白い作品。

スキージャンプ:向かい風で飛べ!

 


著者:  乾ルカ
出版社: 中公文庫

ポイント
天才小学生ジャンパーたちの成長物語
壁を乗り越えてこそビッグになれる。スポーツへの愛を感じる作品

沢北小学校に転校してきたさつきは、天才スキージャンパーと呼ばれる理子に出会う。
彼女の美しい飛ぶ姿を目の当たりにしたさつきのスキージャンプ挑戦の日々を爽やかに描いた長編物語

思春期である少女たちの友情や若くして名声を得たアスリートの前に立ちはだかる障壁など
こと細やかに描写されていて、心が揺さぶられる。

フィギュアスケート:銀盤のトレース

 
著者: 碧野圭

ポイント
フィギュアスケートに打ち込む小6少女の奮闘記。
著者の濃密な取材から練られたリアルなストーリー設定に興奮!

両親に反対されながらも、フィギュアスケートを続けたい小学六年生、竹中朱里。
氷上の妖精に憧れを持ち、熾烈な戦いに突進していく少女たちを描いた成長物語です。

ドキュメンタリといってもいいほどリアルな人物設定や別のスポーツとの関連づけている部分が面白い
どのスポーツも一筋縄ではいかなくて、それ相応の努力の大切さが伝わってくる作品だと思います。

カーリング : 青森ドロップキッカーズ

 
著者:  森沢明夫
出版社: 小学館文庫

ポイント
凸凹4人組のカーリング挑戦物語
感動と爽快感を味わえる青春小説です。

いじめられっ子、不良になりきれていない不良、そして真逆な性格のアスリート姉妹。

そんなバラバラな彼らを結びつけたのはカーリングだった。

青森を舞台に、周囲サポートと共に奮闘する中学生たちの青春スポーツ物語。

読めば読むほど、カーリングというスポーツに興味が出てきます!
森沢さんの軽快なストーリー展開はとても読みやすい(^_^)

フィギュアスケート : 銀色の絆

 
著者: 雫井脩介
出版社: PHP文芸文庫

ポイント
スポーツアスリートを子に持つ母目線ストーリー
一生懸命な母親たちの正直な想いって?

夫の浮気で離婚し、娘と共に名古屋に引っ越してきた梨津子。
フィギュアスケートの名コーチに才能を見出された娘をサポートすることに生きがいを感じ始めます。

フィギュアスケートを通して伝わってくる、親子の絆の物語。
心が震え、そして温まります。

こちら下巻です。

あわせて読みたい!

【読書好きおすすめ】寒い冬に読みたいクリスマスがテーマの小説集めました。心が温まるものから感動ものまで盛りだくさん。

冬に読みたいおすすめ小説まとめ

今回は、冬の読書タイムにおすすめの小説をご紹介しました。
いかがでしたでしょうか。

心温まる小説、感動ものやハラハラドキドキのミステリー作品などあらゆるジャンルの中から選りすぐりを選びました。

冬の寒い季節も読書でぽかぽか温まりましょう^^

れんげ

あなたがきっと読みたい、あなただけにぴったりの一冊を見つけます!
選書人の私が、小説をお選びする【れんげ選書】サービスをしております。
これまでにない新しい読書を体験してみませんか?
興味がある方は是非お試し下さい♪
詳細は下のボタンから🐰

最後までありがとうございました♪
それでは、今日も素敵な読書時間をお過ごしください🌸

れんげ

ご紹介した作品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です